35歳以上のフリーターが転職を目指す際に必要なことは、2つあります。
1つめは、面接や問い合わせの電話の段階で、何を聞かれても動じない、きちんと筋の通った内容を話すことが出来るかです。
フリーターという言葉は職業欄に設けられているほど、今では当たり前の職種になっています。とはいっても、フリーター歓迎と求人に記載しているにもかかわらず、「定職につかず、どうしてアルバイトをしているのだろう。色々なアルバイトをするのもいいが、1つの仕事につけないなんて、情けない」と考える方が沢山います。
面接官の立場に立って物事を考えてみるのも一つの方法です。
例えば、35歳と言う年齢に対し10年前、20年前の自分はどう思っていたか想像してみるといいでしょう。
第三者の立場に立って35歳を考えてみれば、仕事も20代の時とは違って後輩指導をしっかりやり、昇格をしたり、トップに立って会社を回す立場になっているイメージが浮かびます。結婚していて当然、経済的に養える力があるはず、と見られていても過言ではありません。
それなのに、何故フリーターだったのか、35歳で転職に至った考えなどは必ず聞かれるので、おどおどせずにハッキリ説明することが必要となります。
2つめは、諦めないことです。
35歳でフリーターという立場である限り、正社員で働いている人や会社を経営している人を見ると自分が惨めになってしまう機会が多くあるでしょう。
35歳と言う年齢は、自分の人生を振り返り、これでいいのだろうかと思い悩みやすい時期で、心理学用語では「BOOM危機」といいます。
他人と自分を比べたり、自分を卑下してしまうことは、転職したいと言う前向きな思考を低下させることに繋がってしまいます。
自分が惨めに見えてしまうのは、相手の良い部分ばかりが見えてしまうのが原因なので、「自分が苦労しているように、相手にも見えない部分で大変な時期があったのだろう」とお互い様精神で物事を考えると気分が楽になることがあります。
普段、なかなか読書をしないと言う方は、松下幸之助など苦労しながらも会社を興した人の本を読んでみることをお勧めします。
転職に繋がるヒントが得られなくても、感じるものがあったり、履歴書やエントリーシートに書くネタに繋がることだってあります。
読書をすることでネチネチと考えてしまう悩みを遠ざけることが出来たり、本を読み続けることで、自分の考えがまとまってくることがあります。
まずは、好きなジャンルからマイペースで読んでみると良いでしょう。