30代でフリーターから転職するための心構え

学校を卒業して、一度も正社員で就職したことがない人が、いきなり就職をするのは難しいと思います。
20代ならば、まだやり直しがききますが、30代を超えてくると、かなり厳しくなってしまいます。

 

しかし、転職をするならば30代が最後だと思って、きちんと就職活動を行いましょう。
現代では就業年齢が伸びていて、定年も長くなり、また定年後も仕事を続ける高齢者が増えています。

 

それを考えれば、30代はまだまだやり直しが利く年代なのかもしれません。
正社員として働いたことがなくても、フリーターでの経験を生かした仕事に就くならば、就職の可能性は大いに広がります。

 

逆に全く新しい職種に臨もうとするならば、それなりのスキルを身につけていくことが必要です。
専門学校や職業訓練校などを利用するのも良いでしょう。

 

また、独学で何かの資格を取れば、それを生かして将来の仕事に役立てられるかもしれません。
30代で転職をするならば、将来を十分に見据えた上で、職種選びをしたいものです。

 

40代、50代以降で転職をする人もいますが、今までのキャリアやスキルを活かした人がほとんどです。
その基本を作っていくのは、遅くとも30代で始めたほうが良いでしょう。

 

どんな仕事もすぐにできるわけではありません。
中には長い年月がかかって、ようやく一人前の仕事として認められるものもあります。

 

今までフリーターだった理由も人それぞれです。
何らかの目的の達成のために、フリーターを続けてきたのならば、今後の方針を改めて見直す時期かもしれません。

 

今の時代は必ずしも、正社員イコール安定とは言えない時代になってきています。
その為、どんな状況になっても、自分を活かせる仕事をしていくためのスキルを磨いていくことが重要です。

 

仕事のあり方は今後、ますます変わっていくでしょう。
正社員という道も一つの選択ですが、自分のスキルを活かして、企業やフリーランスという道もあります。

 

いずれにせよ、30代での転職は、今後の職業人生を決める大きな転機となるでしょう。
それだけに十分に熟考した上で、今後の道を選択していきたいものです。